絵画に関する基礎知識



絵の説明書きを見ていると、よく聞くけどよく分からない用語がたくさん出てきますよね。
例えば版画ならリトグラフやシルクスクリーン、それからエディションナンバーとか
それから原画ならF6号とかSMとか...
ここではそんな、よく知らなかったけど知っておきたい絵画に関する基礎知識を分かりやすく説明します。



◇◇版画に関する基礎知識◇◇


技  法
版画には様々な技法があります。よく聞くのはリトグラフやシルクスクリーンですが、その他にも何種類もありそれぞれに違った特徴があります。ここではその代表的なものをご紹介します。
リトグラフ (平版)    Lithography
     
リトグラフとは日本語で石版画のこと。石灰石や金属板の上に油性の解墨鉛筆などで絵を描き、その上から滑石粉末を撒布し、更に少量の硝酸を加えたアラビアゴム液を塗ると絵の部分だけが浮き出て、それを紙に写しとる技法。
シルクスクリーン (孔版)   Silk Screen

アーティストブラシやエアーブラシなどを使ってポリエステルシートの上に図柄を描き、1枚ごとに木枠に張ったスクリーン(絹、ナイロン、又はポリエステル)に写される。スクリ−ンは感光乳剤でコーティングされていてポリエステルシートを通して光があてられる。図柄のない部分は光が通り抜け、スクリーン上の乳剤が固まるのでインクが通らず、図柄の部分だけインクが通り抜けそれを紙に押し出す方法。
繊細さと色の鮮やかさが特徴。セリグラフとも呼ばれる。
エンボス加工とは?
絵柄の輪郭が浮き出た作品がたまにありますが、あの浮き出しをエンボスと言います。
エルテの作品にはよくエンボス加工されているものがあります。
エンボスは表面に立体感を加え、作品に浅浮彫りのような効果を与えてくれます。
エッチング (凹版)   Etching

銅版画技法の一種で、一番古い間接的凹版。
銅版の表面を耐酸性の防蝕剤でおおい、その上に彫刻針で絵を描き、裏側と,へりに耐酸性の蝋を塗って硝酸にひたすと露出している部分が腐食する。これによって絵柄の線を強調させ版を作る技法。
ドライポイント (凹版)   Dry point

銅版画の一種。銅版を鋼鉄針、ダイヤモンド針などで直接刻描する最も簡単な、しかし最も熟練を要する技法。刻描した時にできるまくれによる線の濃淡が特徴。
メゾチント (凹版)   Mezzotint

銅版の表面に櫛歯状の彫刻刀で縦、横、斜めの無数の線で画面を削り出しいく技法。良い刷はわずかな枚数しか得られないが、ビロードのような感触の深みをもっている。
アクアチント (凹版)   Aquatint

銅版の上に松脂または砂糖の粉末を使い熱してザラザラな砂目の版面を作り刷り上げる技法。
面の濃淡が特徴。

版画の決まり事
サインのいろいろ

 刷り上がった版画には一枚一枚作家が直接サインを入れます。これは作家がその作品を承認した証拠。
しかし、サインには作家本人のもの以外にもいろいろなサインがあるんです。

1.作家以外の人の直筆サイン 作家がすでに亡くなっている場合、版画を作った版元や遺族が代わりにサインをしたりスタンプを押したりします。
例えば、ローランサンならフランスの刷り師タッシー(Tassy)、東郷青児なら娘さんの東郷たまみさん、リャドなら奥さんが代わりにサインを入れています。
こういったものは本人サインのものに比べ価格は安くなります。
東郷青児のリトグラフ

2.版上サイン あらかじめ原版の上にサインを彫り込んだものを版上サインといいます。
竹久夢二のリトグラフ

3.ノーサイン サインが入っていないノーサインと呼ばれるものもありますが、これは版画集の中の作品をバラして額装したものに多く、サイン入りのものに比べ価格は安くなる物が多い。

エディションナンバーの意味

版画にはマージン(余白)に20/100などと数字が書かれていますが、これはエディションナンバーと呼ばれるもので、分母がその作品の限定部数を表しています。この場合は100部作られた内の20枚目と言う意味になります。
作品によっては数字の代わりにローマ数字が使われている場合もあります。
1/100 と 100/100 はどっちが高い?
1/100 と 100/100 との間には何の違いもありません。
一般的に総部数が100なら100枚全部刷り終わってから作家がサインとエディションナンバーを入れていくので、刷った順番ではなく作家がサインを入れた順ということになります。だから分子の数字は作品の質や価格には何の関係もないのです。
E.A や H.C ってどういう意味?
エディションナンバーの代わりに E.A とか H.C といったアルファベットが記入されているものがありますよね。
これは番外版画と呼ばれるもので、総部数の10%〜15%ほど作られています。

E.A = エプルーブアルティスト(epreuve dartiste・仏) 保存版
A.P
= アーティストプルーフ ( artists proof・英) 作家用
H.C = オル・コメルス(hors commerce) 版元(非売品の意味)
P.P = プリンターズ・プルーフ( printer's proof ) 刷元用


◇◇原画に関する基礎知識◇◇


技  法
原画の技法って分かっていそうで意外と分からないもの。
油絵の具をたっぷり使って描かれていれば分かりやすいけど、薄塗りでさらっと富士山なんかが描かれていたら、これは日本画?洋画?って思ったことありませんか?
絵画の作家は主に洋画家と日本画家の2つに分けられます。
何が違うかと言うと、使っている絵の具が違うのです。
そこで、洋画と日本画の技法の違いをご紹介します。
洋画

洋画と呼ばれるものは主に 油絵の具水彩絵の具・アクリル・パステル等で描かれています。

日本画

日本画と呼ばれるものは、岩絵の具等で描かれています。

AA-netでは、LOTナンバーの数字の前にYが付いているのが洋画、Nが付いているのが日本画です。

サイズ

単位:cm
サイズ F (Figure) P (Paysage) M (Marin)
0号 17.9 x 13.9 17.9 x 11.8 17.9 x 10.0
1号 22.1 x 16.6 22.1 x 13.9 22.1 x 11.8
S.M 22.7 x 15.8
2号 24.0 x 19.0 24.0 x 16.1 24.0 x 13.9
3号 27.3 x 22.0 27.3 x 19.0 27.3 x 16.1
4号 33.4 x 24.3 33.4 x 21.2 33.4 x 19.1
5号 35.0 x 27.3 35.0 x 24.3 35.0 x 22.1
6号 40.9 x 31.8 40.9 x 27.3 40.9 x 24.3
8号 45.5 x 37.9 45.5 x 33.3 45.5 x 27.3
10号 53.0 x 45.5 53.0 x 40.9 45.5 x 27.3
12号 60.6 x 50.0 60.6 x 45.5 60.6 x 40.9

原画の市場価格

現存の作家ですとデパートや画廊などで一般的に売られている定価のようなものがあります。
例えば、ある作家の市場価格が現在6万円だとしたら、その作家の6号の作品は 6万円 x 6 で36万円が一般的な相場となります。 ただしこの市場価格は、洋画なら油絵の場合、日本画なら岩絵の具の場合を対象として設定されています。墨や水彩等で描かれた作品はこの市場価格より安くなります。
この市場価格は、経済界の「美術市場」に載っています。

すでに亡くなっている作家の場合は、市場価格とは関係なく絵柄や描かれた年代、その他様々な要因によって相場は異なります。

前画面へ戻る方は、ブラウザ−の戻るを押して下さい
トップページへ

埼玉県公安委員会
古物商許可第431270004585

Copyright 1999-2006(C) AA-net
all rights reserved
絵画オークション/アートオークション