Profile



志村 立美


しむら たつみ

明治40年(1907)−昭和55年(1980)
群馬県高崎市生まれ
本名 仙太郎

神奈川高等工業学校図案科を中退して、大正13年山川秀峰に入門、美人画を修める。『婦人会』などの雑誌口絵などでその名を知られるようになり、「丹下左膳」の挿絵などで岩田専太郎と並ぶ人気画家となる。伊東深水や秀峰の画塾による人物画研究会青衿会の定期展、戦後は青衿会の後身日月社展に美人画を出品、出版美術家連盟会長などをつとめ、昭和51年作品集『美人百態』で日本作家クラブ賞を受賞する。  昭和55年5月4日、東京都新宿区の病院で歿。享年73。    


前ページへ戻りたい方は、ブラウザーの <戻る> を押して下さい。

トップページへ戻りたい方は下のアイコンをクリックしてください。




トップページへ



埼玉県公安委員会
古物商許可第431270004585

Copyright-1999-2006(C) AA-net
all rights reserved